女性からモテるのは今は細マッチョになるのが一番

女性からモテるのは今は細マッチョになるのが一番?

女性からモテるには,細マッチョ

 

男性であれば、「女性からモテたい」と思う方が非常に多いと思います。

 

また、現在彼女がいない男性であれば、
「スタイルが良くて可愛い彼女が欲しい!」
と思う男性が多いかと思います。

 

男性が女性からモテるためには、トーク力や気遣いなど、
または外見、経済力などモテるためにはある一定のステイタスが必要になります。

 

そこで今回注目するポイントとして、
女性からモテるための外見について述べてみたいと思います。

 

■女性からモテやすい外見とは?

女性からモテるには,細マッチョ

今女性からモテやすいと言われているのが
「細マッチョ」だと言われています。

 

細マッチョとは、

 

@一見線が細いけど脱いだら(筋肉が)凄い(ギャップ力)

Aゴリゴリのマッチョではなく細いけど筋肉が付いている

B筋肉が付きすぎていないけど程よく筋肉がついていて無駄な贅肉が付いていない

 

などの体型の事を言います。

 

例えばですが、ボクサーやキックボクサーなどのような身体の人を
細マッチョと言っていいのかもしれません。

 

この細マッチョ体型の男性達が今、
女性から非常に注目されてモテているようです。

 

実際に若い女性たちから

 

「男性の細マッチョが好きかどうか?」

 

アンケートを取ると、ほとんどの女性が
細マッチョが好きだと答えているようです。
(割合までは分かりませんでした)

 

そのため、女性からモテたい、可愛い彼女が欲しい男性は
まずは「細マッチョ」になるように体を鍛えてみると良いかもしれません。

 

■筋肉が付きすぎているゴリマッチョはモテないのか?

女性からモテるには,細マッチョ

細マッチョを目指して体を鍛えていくうちに
自分の体に筋肉がついてくるなど、
「目に見える変化」を感じる事があります。

 

そうなると俄然やる気も出てきますが、
それと同時に「もっと筋肉を付けたい!」と
欲が出てくる場合があります。

 

そのため、より一層筋トレに励み、
「筋肉をつけすぎてしまう」場合があります。

 

そうなるとゴリゴリのゴリマッチョ(筋肉が付きすぎている体型)になってしまいますが、
どうやらゴリマッチョまでいってしまうと女性が怖がってしまう場合があるようです。

 

そのため、女性からモテるには筋肉が程よくついた
細マッチョになるのが一番だと言われています。

 

しかし、一部の女性の中にはゴリマッチョが大好きな方もいますから
筋肉が付きすぎているゴリマッチョが全くモテないという事もないようです。

 

服の上からでも筋肉が目立っている男性はゴリマッチョの部類に入りますが、
ゴリマッチョの男性が例えばキャバクラなどに行くと非常にモテるようです。

 

キャバクラのお姉さん達の目がキラキラして
「触らせてー」と触りまくってくるそうです。^^;

 

なので、世間では筋肉が付きすぎる(ゴリマッチョ)とモテないと言われていますが、
実際は、ゴリマッチョの男性は女性から結構モテるのかもしれません。

 

 


関連ページ

男性が彼女を選ぶ基準として見た目を重視する理由とは?
彼女が欲しい男性が彼女を選ぶ基準として見た目を重視する傾向が多いです。その理由とは一体?
男性が恋愛に自信を持つためにキャバクラや風俗に行くのもあり?
男性が恋愛に自信を持つためにキャバクラや風俗に行くのはありでしょうか?
あまり好きではない女性と付き合う男性の気持ち・心理とは?
あまり好きではない女性から告白されて何となく付き合ってしまう男性の気持ち・心理とは一体?
男性が年上女性と付き合いたいと思う理由とは?
男性が年上女性と付き合いたいと思う理由とは一体?
男性が女性の涙に弱い理由・原因とは?
男性は基本的に女性の涙に弱い生き物です。その理由・原因とは一体?
男性が好きな女性の髪形は?
男性が好きな女性の髪形とは一体?
男性(彼氏)が彼女ができてから変わる事とは?
男性は彼女ができると、何かと意識や考え方が変わったりする場合が多いです。彼女ができるとどのような変化があるのでしょうか?
彼女の事が好きで好きで仕方なくなってしまった時の対処法とは?
彼女の事が好きで好きで仕方なくなってしまった時の対処法とは一体?
男性の穿いているパンツ(下着)のタイプで恋愛傾向や性格が分かる?
男性の穿いているパンツ(下着)のタイプで、恋愛傾向や性格がわかるといわれています。あなたの彼氏はどんなパンツを穿いていますか?
恋愛の悩みとは?男性編
男性特有の恋愛に関する悩みとは一体何でしょうか?
恋愛経験が少ない男性の特徴とは?
恋愛経験が少ない男性の特徴とは一体何でしょうか?